一級建築士の仕事先|求人の多い建築専門派遣会社の特徴を紹介【未経験でも働ける】

一級建築士の仕事先

間取り

建築設計事務所

建築設計事務所で働いている一級建築士は数多くいます。一級建築士のスキルと経験を活かして建物の設計や提案を行います。他の仕事に比べると給与は低い傾向にありますが、経験を積んだあとはそのまま独立して事務所を開くことも可能です。

ハウスメーカー

ハウスメーカーの就職も人気です。一級建築士のための求人も多くあります。依頼主と打ち合わせをしながら戸建住宅の企画や設計を行います。ハウスメーカーの場合は、ある程度デザインや使用が決まっているので自由度が高いとはいえませんが、給料や待遇は他の仕事先に比べても良いといえるでしょう。

地方自治体の建築部門

一級建築士は、地方自治体の建築部門で働くことも可能です。スケールが大きい仕事を任されることもあります。地域の住民の家の検査や調査も行います。地方自治体で働くには一流の建築士であると同時に、公務員試験に合格する必要があります。

建築士に求められるスキル

パソコンスキル

今や建築士でもパソコンを使う能力は必須です。パソコンでの図面作成以外にも見積もりや予算の管理などをパソコンで行なう必要があります。図面作成ソフト以外にも表計算ソフトが使えると就職や転職で有利になるでしょう。

アナログスキル

いうまでもありませんが、手書きのパースや間取り図の作成などアナログスキルは建築士には必要不可欠です。お客様との打ち合わせ中に図面を書いて、スキルをアピールすると、信頼度も上がるでしょう。アナログなスキルは常に向上させておきましょう。

文章作成能力

一流の建築士は、文章作成能力も欠かせません。お客様に具体的なイメージを伝えるには言葉で説明する力が必要です。自分の頭なのなかではできていてもそれを伝える能力がないと意味がありません。高い文章作成能力を身につけておきましょう。

広告募集中